trit

trit

INFORMATIONオススメ観光情報

【沖縄】全国3位!東南植物楽園の沖縄南国イルミネーションに行こう♪

  • イルミネーション
  • 夜景
  • 沖縄
  • 絶景

沖縄もとうとう寒くなり、すっかり冬の装いです。
冬になると全国で見られるイルミネーションですが、『日本夜景遺産認定』イルミネーションアワード2021の全国第3位に輝いた施設が実は沖縄にあるんです!
2022年5月29日(日)まで開催の沖縄らしさあふれる「東南植物楽園」の沖縄南国イルミネーション、ご紹介していきます!

※この記事は2022年1月時点での情報です。休業日や営業時間など最新の情報は、各施設・店舗へお問い合わせください。

約45000坪の敷地で見られる約1300の熱帯・亜熱帯植物。

沖縄自動車道 沖縄北ICから車で5分の場所にあるのが「東南植物楽園」。
亜熱帯気候である沖縄ならではの多種多様な植物がそろいます。植物の数、なんと約1300!
広大な敷地には「水上楽園」と「植物園」のエリアがあり、それぞれ見どころ満載の観光スポットです。

植物だけでなくカピバラやヤギ、モルモットといった動物や、沖縄の地元食材を使ったメニューを味わうことのできるレストランなどもあり、1日中楽しめる。
そんな「東南植物楽園」では毎年冬に植物×光で楽しむ、沖縄南国イルミネーションが開催されています。

イルミネーションエリアは主に3つ!
「トロピカルパームツリーエリア」・「ポケモンエリア」・「ひかりの蓮」

それぞれご紹介していきます!

音に合わせてカラーチェンジ!トロピカルパームツリーエリア

入口の赤瓦の門も赤く光り幻想的。
受付では入場券として、シールがもらえる。衣服につけて散策開始!
花や蝶にかこまれたアーチは絶好の撮影スポット!
数十mの光のトンネル
光の正体はなんと薔薇!
花や蝶をまとったまさに南国仕様の“メインツリー”。
まるでおとぎ話のような世界観が楽しめる。“シマナンヨウスギツリーと花畑”
白×青が大人の雰囲気。“ヒスイカズラロード”
植物園の中に海?!木もまるで珊瑚のよう。“ひかりの海”
”ラフィアヤシ”は白に統一された花々がきれい!
写真提供:東南植物楽園
大人も登りたくなる!“ツリーハウス”
“光のキャッスル”は白とピンクに輝く、上品でかわいいお城。
広大な敷地の真ん中に浮かぶ大きな2つのハートは“ハートの湖”
光輝く馬車は家族連れに大人気!

入口ですぐ出迎えてくれるのは、頭上で変わっていく光と、花や蝶に囲まれたアーチ。
迫力満点のカラフルな“ウェルカムイルミネーション”です。
館内では幻想的な音楽も流れ、一気に光の世界へ引き込まれます。

数十mの光のフラワートンネルはなんと一つ一つの光が薔薇になっているんです。
ほかにも、ツリーハウスや光のキャッスルなど、トロピカルパームツリーエリアにはポーズを決めて写真を撮りたくなるスポットがたくさん!

ポケモンやポケモンボールにも!そらとぶピカチュウプロジェクト!

愛らしいたくさんのピカチュウが迎えてくれる。
人気のポケモンたちも集合!
ポケモンボールも光をまとって登場!
レセプションでQRコードを読み込むとステッカーがもらえる!

ポケモンエリアの正体は「そらとぶピカチュウプロジェクト」!人気アニメの「ポケットモンスター」が人と人、人と地域をつなぎ、旅の楽しみを届けてくれるプロジェクト。
東南植物楽園の入口では、「そらとぶピカチュウプロジェクト」のHPを見せるとステッカーがもらえます。旅の思い出にぜひ、受け取ってくださいね。

水上楽園ならでは!ひかりの蓮エリアはまるで別世界。

蓮の花と葉のイルミネーション
池の向こうにはパームツリー、桟橋は蓮に囲まれる撮影スポット♪
池にいる鯉の餌を買ってあげることもできる。

水上楽園に輝くのは、光の蓮たち。蓮の花と蓮がまるで本物の植物のように水面を彩ります。一面に広がる光の蓮と、池の向こう側に見えるパームツリーたちで作られる空間はまるで別世界。
池の周辺や桟橋にはベンチがあるので、ゆったりとした時間を楽しめるエリアです。

周遊バスやお土産ショップも。

ハイビスカスの耳飾りがかわいいあぐー豚のぬいぐるみ(左:3520円、右:1430円)
紅型のスカーフがポイント♪仔ヤギのぬいぐるみ(1320円)
モルモットコーナーも。200円で餌もあげられちゃう。
カフェは21時まで。
周遊バスでゆったり楽しむことも。夜間ヤッシー号(300円、最終受付21時30分)

レストランとは別にあるカフェは21時(LOも21時)まで開いていて、歩き疲れた時の休憩スポットとしても◎。
敷地は園内周遊バス「夜間ヤッシー号」で巡ることもできるので、希望の方は入口のレセプションで伝えてくださいね♪
ショップで見つけた沖縄らしいあぐー豚やヤギのぬいぐるみはお土産や旅の思い出におすすめ。

動植物を楽しむ場所だからこそ、こんな出会いも。

広大な敷地とたくさんの植物たちを彩るイルミネーションは、南国ならではのデザインや、「植物園」、「水上楽園」ならではのデザインも多く、一味違ったイルミネーションが楽しめます。

冬の沖縄に来た際にはぜひ、東南植物楽園で沖縄南国イルミネーションを楽しんでくださいね。

東南植物楽園(とうなんしょくぶつらくえん)

[TEL]098‐939‐2555
[住所]沖縄県沖縄市知花2146
[定休日]なし
[営業時間]9時~22時(最終受付21時30分) ※2021年10月22日~2022年5月29日まで。
[アクセス]沖縄自動車道 沖縄北ICから5分
[駐車場]無料350台

[開催期間]2021年10月22日(金)~ 2022年5月29日(日)
[入園料]
●昼の部(9時~17時)
大人:1540円、高校生1045円、小中学生550円、6歳未満無料
●夜の部(17時~22時)
大人:1980円、高校生:1210円、小中学生:680円、6歳未満無料
※1日入園券もあり。詳細はHPをチェック。

「東南植物楽園」のHPはこちら
「東南植物楽園」のInstagramはこちら