trit

trit

INFORMATIONオススメ観光情報

【沖縄】旅行中の体験にもおすすめ!ゆる〜い三線レッスンに行ってきました!

  • レッスン
  • 三線
  • 伝統
  • 体験
  • 沖縄
沖縄三線

沖縄の伝統楽器である「三線」。
沖縄で暮らしていると音色を聴くことはあっても、触れる機会は意外とないもの…。

「せっかく沖縄にいるのだから、一度は体験してみたい!」、という方も多いのではないでしょうか。

今回は、SNSで見つけたユンタク(沖縄の方言でおしゃべり)多め、 ゆる〜りな三線レッスンを体験してきたのでご紹介します!

※この記事は2021年5月19日時点での情報です。休業日や営業時間など最新の情報は、各施設・店舗へお問い合わせください。

講師はsanshinista(サンシニスタ)として活動中

安慶名さつきさん

先生は、三線フリーランス・sanshinista(サンシニスタ)として、活動している安慶名さつきさん。

毎週月・火・土の3日間、沖縄市と那覇市でレッスンを開催中。
それ以外にも外国人留学生の多い大学や、オンラインでも教えています。

今回私は、土曜日のレッスンに参加してきました!

土曜日の会場は沖縄市にある「Triangle Studio and Lounge」

沖縄市のスタジオ「Triangle Studio and Lounge」

毎週土曜日は、沖縄市のスタジオ「Triangle Studio and Lounge」で朝活三線として開催。

会場の「Triangle Studio and Lounge」は、三線以外にもヨガや、ジャイロキネシス、キッズ琉舞など、大人も子どもも通える様々なレッスンが開かれています。

全てのレッスンが月謝制ではなく、単発参加OK! 忙しくて毎週は通えないという人でも気軽に楽しめる空気感が魅力的なスタジオです。

スタジオ内はおしゃれな空間

スタジオ内は、まるでカフェのようなおしゃれな雰囲気です。落ち着いた空間なので、リラックスしてレッスンが受けれそう。
予約の時に三線のレンタル希望を伝えていたので、席には三線が準備されていました。

レッスン料2,000円の中に、三線のレンタルも込み! 気軽に参加できます。

スタジオでの三線レッスンはモーニング付き!

土曜日のレッスンは、スタジオの管理人さんお手製のモーニング付き! レッスンが始まる前に、ユンタクしながら、みんなでブランチタイム。

この日のモーニングは、管理人さんが最近ハマっているというタコス。
中身は沖縄市内のお豆腐屋さんから調達したというおからが多めなので、かなりヘルシー、 そして美味しい!!

カフェで食べているかのような雰囲気と、調理師免許をもつ管理人さんのこだわりの味で、久しぶりの習い事に対する緊張もすっかりほぐれます。

レッスン開始

朝ごはんを食べ終えたら、いよいよレッスン開始!

さつき先生のレッスンは、初心者OK、毎週参加じゃなくてもOKなので、毎回顔ぶれは様々。その日の参加者のレベルに合わせた内容で進めていくのだそう。

この日は全員の三線の調弦が終わると、三線を置く足の位置、弦を弾く爪の持ち方から教えてくれました。

漢字だらけのテキスト

続いて、弦の名前、弦を指で押さえる位置、音の呼び方をテキストを見ながら確認。

弦を開放しながら鳴らす音の呼び方は、上から「合(あい)」、「四(しー)」、「工(こう)」。 弦を押さえて出す音も、「乙(おつ)」や「老(ろう)」など、漢字ばかり。

「ドレミ」ではない、独特な音の呼び方に戸惑うも先生からレンタルした三線には弦を押さえる位置にシールが貼られているので、その場で覚えなくても大丈夫。 目的の音を出すことができます。

縦書きの楽譜

ひと通り基本の音を試したら、すぐに曲にチャレンジ!

今回は童謡や、沖縄アーティストの曲など3曲を練習しました。

弦を押さえる位置にカンニングシールが貼られていても、 曲になると指はこんがらがり、最初はついていけなくなることも。

それでも、1時間のレッスンの中で、童謡の輪唱や、通常のリズムから変えて、より沖縄民謡っぽいリズムで弾いてみたり、 たっぷりと三線の音を楽しむことができました。

何より、みんなでユンタクしながらのゆるい雰囲気が楽しい!

三線の音色でより心地よい空間に

レッスン自体は10時から11時までの約1時間。 ただし、レッスンが終わっても、自由に練習したりユンタクしたり、12時くらいまではスタジオで過ごすことができます。

私もタコスを食べながら、沖縄へ移住してきたという方とユンタク。 沖縄の不思議あるあるで盛り上がりました!

レッスン終わりには三線が欲しくなる

1日で曲まで弾けちゃうと三線にも愛着が・・。 レッスン終わりには、三線が欲しくなって実際に買いに行く方もちらほらいるのだとか。

私も体験してみて、今まで敷居が高いと思っていた伝統楽器が、初心者でも楽しめる、実は親しみやすい楽器なのだと知ることができました。
だからこそずっと沖縄で愛され続けているんだな、と実感。

そんな沖縄の文化を気軽にゆる〜く体験できる朝活三線、「本格的に習いたいわけではないけれど、三線を弾いてみたい」、 「沖縄旅行のついでに軽く体験してみたい」という方におすすめです!

曜日によって開催場所、時間が異なるので、詳しくはさつき先生のInstagramでチェックしてくださいね。

レッスンの予約もInstagramのDMからでOK!

sanshinista(安慶名さつき)

三線フリーランス。小学2年生の時に三線と出会い、習い始める。
高校から野村流古典音楽保存会にて、琉球古典音楽を本格的に学び、最高賞と教師免許を取得。
カナダのカルガリー大学を卒業後、沖縄に戻り、2019年には沖縄タイムス伝統芸能選考会 三線の部 グランプリ受賞。 現在は、英語通訳・翻訳業を行いながら、三線フリーランス・sanshinistaとして活動。
[安慶名さつきさん]のSNSはこちら

Triangle Studio and Lounge(トライアングルスタジオアンドラウンジ

[TEL]080-3990-6868(代表)
[住所]沖縄県沖縄市園田1丁目2-29 2F(スミス興産2階)
[定休日]年末年始、旧盆
[営業時間]9時〜20時
[アクセス]沖縄自動車道 沖縄南ICより5分
[駐車場]周辺有料駐車場利用
[Triangle Studio and Lounge]の詳細はこちら